Mineko Blog

〜和観便り〜 暦のエネルギー(春の空の13日間)

🍇和観便り🍇暦のエネルギー〜
『春の空』の13日間🌸

皆さま、おはようございます😊👋🏻

長らく続いた残暑も、
9月に入り少〜しずつ過ごしやすくなってくる予感がします…🍃

最近は蝉の声が小さくなり…、
トンボをよく見かけるようになりましたね〜🍃

さて、
今日から、また新しいエネルギーの13日間が始まりました…🌸

 

🌱🌱🌱🌱🌱

 

9月3日から9月15日まで続く
『春の空🌸』の13日間のテーマは…、

「自他共に成長を促す時💖」

です…。

『春の空🌸』の今日は…、

『ね53 春の空/春の空 波1』
というエネルギーが流れていて、
◆暦のテーマは、
「少しでも、人様に喜んで頂ける何かをしよう❣️」
です…。

塩沼亮潤さんの「日めくりカレンダー」の
31日のメッセージが…、

『人のためが 自分のためになる✨』

と、ありますが…、

人様に喜んで頂けることをしている時って…、
本当は、自分が一番喜んでいて…😊💓
自分のためになっているんですよね〜♫

つい先日、1日(日)に
「生きるって、なに?」の著者で、地球の広報・旅人・エッセイストの たかのてるこさんのトークイベントを開催させて頂いた時…、
まさに!そんなことをリアルに感じました…💓

宇宙の法則は…💫
「自分が出したモノが、
返ってくるだけ…💫」

と、言われていますが、
本当にそうだと思います…💫

以前も、
てるこさんのご紹介は、
和観便りでさせて頂きましたが…、
1日の感動ホヤホヤなので、
ご紹介させて頂きたいと思います😊👋🏻

📗📗📗

🔹地球の広報・旅人・エッセイスト

たかのてるこ さん

「世界中の人と仲良くなれる!」と信じ、
68ヵ国を駆ける。
ベストセラー
『ガンジス河でバタフライ』は、
主演・長澤まさみ × 脚本・宮藤官九郎でASSOドラマ化もされ、話題に。

毎日新聞でも紹介された、
『生きるって、なに?』は、
口コミで累計55.000部となり、
全国の小中高大学、自治体から講演依頼が殺到❗️
1年2ヶ月で、70ヶ所以上で講演し、大反響‼️

講演後のサインハグ会で、
色々な方々からの悩みを聞き、
人生相談をしているうちに…、
「もっと寄り添える本が作りたい❣️」
という思いが溢れだして出来たのが…

シリーズ第2弾!
『逃げろ 生きろ 生きのびろ❗️』
8月30日に出版📗✨

9月1日が、
子供の自殺が一番多い日だそうです…😭
その前に出版したかったそうです…📗

1日のトークイベントには
ギリギリセーフで届きました📗✨

世界でも、日本だけが、
10代〜30代の死因1位が自殺なことに胸を痛めていたので、
自殺防止になる本を!と思って
制作を始めたそうです…📗

引きこもり115万人(15歳〜64歳)
不登校44万人(中学生8人に1人)
計160万人にも届けたい一心で…、
全国の学校・自治体での講演、メディア出演、大学講師など、幅広く活動中です!

紀行エッセイ、57万部突破!
『ダライ・ラマに恋して』『あっぱれ日本旅!』『純情ヨーロッパ』など著書多数。

★公式HP www.takanoteruko.com

 

📗📗📗

果てしなく朗らかに拡がる
『春の空🌸』の如く…、
好奇心、冒険心、天と地をつなぐ意識を深めながら、
自分の現状をしっかり認識しつつ、
人々の成長の手助けをしていると…
自身の心も大きく成長が促される…💕

そんな時期を迎えています💫

てるこさんの活動は、
まさに『春の空🌸』の如くです…☀️🌈

『自他共に成長を促す時💖』に意識することは、

一言で言えば…、

『Happy & Happy〜💕』

関わることで、
共に豊かに、幸せになれるか❓
を意識しながら行動することです。

仕事的に一言で言えば、
『利他主義』
=自分より他人の利益や幸福を優先して考えること…。
そして、
この利他の対象を増やして、
沢山の人の利益や幸福を考えることで、仕事の幅が拡がっていく…。

仕事は
『志事』意識で
動いているかが試されているそうです…。

このお話しを聴いた時…、
心にグッと突き刺さり🎯
遥かなる心の拡がりと、
ワクワク感が湧いてきたことを
今でもハッキリ覚えています…💓

今、
一番自分の心が拡がり❣️
嬉しい❣️
トキメク❣️
そんなモノ、コトを選択して行動すると…、
『展開』のエネルギーの波に乗って、
『自他共に成長を促す時💖』
を、実感出来る流れになってくると思います…💫

ゆるゆると、
愉しみながら
『自他共に成長を促す時💖』

佳き日々をお過ごし下さい…❣️

🌱🌱🌱🌱🌱

最後まで、
🍇和観便り🍇をお読みいただき、ありがとうございました🙇‍♀️

では、皆さま
今日もごきげんな1日をお過ごし下さい🤗💕

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP